植木投げの法
東方のssをやってます。霖之助中心です。リンクフリーでございます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死神サボタージュ
 古本市場で見つけたモンスターハンター3。
 ギリギリ買える値段でした。
 しばらく悩んでいたのですが、一緒にやるお友達がいない事に気づき、ちょっと悲壮になりながらも諦めました。
 みんなwii持ってないって。一人Vii買おうか迷ってるって。

 そんなわけで、遅くなってしまいましたが、リクエストの『こま霖』です。
 ひたすらごろごろしてるだけですが。

『死神サボタージュ』

「なぁ~、暇なんだよ霖之助ぇ…」

 暇、と言われても、僕がどうにかできるわけもない。
 頭の上の圧力を無視して、僕は本を読み進めるのだった。

「無視することないじゃんよぉ~。あたいとお前の仲だろぉ~?」

 どの仲だ。
 僕はため息を吐きつつ本を閉じた。この状態では、本を読むのもままならない。
 頭の上にのしかかっている彼女――小町は、僕のその行動を見て僅かに笑みを漏らした、と思う。そう言う気配がした。
 だけど僕には彼女に付き合ってやる気は無い。映姫さんに怒られるのはごめんだ。

「…そんなに暇なら、仕事をするべきだと思うよ」
「仕事をサボってるから暇なんだろぉ? まったく、分かってないねぇ」

 映姫さんが聞いたらどんな顔をするだろうか。
 …想像するのも恐ろしい。

「他の女の事考えてるな、その顔は。まったく、あたいと言うものがありながら…」

 君の上司の事だよ、とでも言えば彼女は帰っただろうか。
 まぁ、言いそびれてしまった今としては、もうどうでもいいことなのだが。
 僕は再びため息を吐く。
 その態度が気に食わないのか、彼女は不機嫌そうに僕の髪に顔をうずめる。

「つまんない」

 ふんふんとにおいを嗅ぎながら、ため息交じりに呟く。
 いつの間にか彼女の腕が僕に絡みついていた。
 なんだかとてもくすぐったい。

「小町」
「うん?」
「君がどうかは知らないが、僕は一応仕事中なんだが」
「これで?」

 失敬な、これでも開店中だ。
 嘘こけ。
 そんなやり取りをしつつ、彼女の手を取る。
 不思議そうな顔をして肩に顎を乗せた小町を無視して、彼女の手の甲に口づけをする。
 きゃん、と小さい声をあげて、手が離れていく。

「な、なにするんだよ霖之助」
「なにも。それよりもほら、いい加減帰った方がいい」

 慌てる小町の背中を出口まで押していく。
 彼女も諦めたのか、おとなしく僕に背中を背中を押されている。
 なんとなくつまらなく思いながら、僕たちは出入り口に辿り着いた。

「次来るときはちゃんと休みの日にしてくれ」

 そう言って、彼女を店から押し出し、背を向けた。
 しかし、何故か勘定台までの距離が縮まらない。
 歩いても歩いても、踏むのは同じ床だった。
 後ろを向けば楽しそうにニヤニヤしている小町の顔。

「なぁんだ霖之助。そんなにあたいと離れたくないか」

 もふ、と小町が僕に抱きついてくる。
 顔を背中に埋もれさせて、甘えるように擦りついてくる。

「いいじゃないか、どうせ客は来られない・・・・・し」

 振り向いて、いたずらが過ぎる、と言おうとした口を口でふさがれた。
 まるで喰らいつくようなその動きは、普段の彼女からは想像もできない。
 しばらくそうしていると、ようやく小町の方から口を離した。

「今日はもう閉店にしよう」

 耳元でささやく声。
 どちらにせよ僕に抗う術はない。

「今日はもう閉店にしよう」

 もう一度、ささやかれた。
 今度は小町が僕を、店のさらに奥へと押していく。
 逃げようにも距離を操られれば敵わない。
 僕はおとなしく、彼女に背を押されるしかないのだった。






「小町…いないと思ったら、こんな所にいたんですね?」
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 植木投げの法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。