植木投げの法
東方のssをやってます。霖之助中心です。リンクフリーでございます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小ネタ4:ラヂオワーカー

 御箸休めに小ネタをひとつ。
 某所を見ていたら、なんだか想像が膨らんだので。
 …しかし、文章にしていいものだったのか。


『小ネタ:ラヂオワーカー』



霖「香霖と」
輝「てるよの!」

「幻想ラヂオ~!」

輝「と言うわけで始まりました、幻想ラヂオ第一回!」
霖「正しくは第一回パイロット版、だね」
輝「細かいこたぁいいのよ!」
霖「そうかい」
輝「そうよ。え~と、このラヂオは暇な幻想郷を盛り上げようと言う企画の苦肉の策で…」
霖「いや、そこはいいから」
輝「みんなから最近身の回りに起こった事を面白おかしく曝しものにしようって番組よね?」
霖「あってるけど、物凄い勢いで誤解される言い方をするな」
輝「細かいこたぁいいのよ。さて、早速お便りの紹介に参りましょうか」
霖「初回は新聞でお便りの募集をさせていただきました。確かお題はフリーだったね」
輝「うん。協力いただいた文々。新聞さん、ありがとうございました」
霖「さて、1枚目。ラヂオネーム『ハイウェイ・スター』さんから」
輝「『こんにちは、てるよさん、香霖さん』 あ、こんにちは~」
霖「こんにちは」
輝「『私は新聞を作って売っているのですが、売り上げがなかなか芳しくありません。何とかならないでしょうか?』 …う~ん、いきなり難しい質問ね」
霖「外の世界では洗剤を付けたりす、と知り合いから聞いたことがあるね」
輝「あ、じゃあハイウェイ・スターさんもなんか付けちゃいましょうよ」
霖「例えば?」
輝「…ポン酢、とか?」
霖「なんで数ある候補からポン酢を選んだんだ君は!」
輝「じゃ、じゃじゃじゃじゃあじゃあじゃあ、お米とかは?」
霖「それは…なかなか良いかもしれないね。保存も利くし」
輝「でしょ?」
霖「と言うわけでハイウェイ・スターさん。何か新聞におまけを付けてみれば契約が増えるかも、と言う即物的な考えをてるやさんが提案しましたが、いかがでしょうか?」
輝「ひどい言い様! って私だけ!?」
霖「はいはい。続いて次のお便りは、ラヂオネーム『ゆかみゅん♪(恥を知れ)』さんから」
輝「『てるよさん、香霖さん、こんばんは』 はい、こんばんは~」
霖「こんばんは」
輝「『私には密かに想いを寄せている人がいるのですが、その人が全く私に振り向いてくれません。どうしたらいいでしょうか?』 え~と、ちょっと待ってね」
霖「…?」
輝「それ本当にゆかみゅん♪(恥を知れ)って書いてあるの?」
霖「ああ。見てみるかい?」
輝「うん。あ、ええと、リスナーの皆さん、私は葉書の現物を持ってないですよ」
霖「本文が書いてある原稿しか持ってないからね。次回からは改善しておくよ」
輝「ありがとう。…うわぁ、本当に書いてある」
霖「似せてあるけど、微妙に筆跡が違うね」
輝「あ、ホントだ」
霖「おそらくこの人の親か、それに準ずる人が書き込んだんじゃないかな」
輝「なるほど~」
霖「おっと、ちょっと無駄話をしすぎたようだ」
輝「もこたんが巻いて巻いてってやってるわね」
妹「もこたん言うな!!」
輝「ちょ、もこたん聞こえてる聞こえてる!」
霖「じゃあ、時間が無いようだから、次のお便りに行こうか」
輝「ゆかみゅん♪(恥を知れ)さん、ごめんね~」
霖「時間的にこれが最後のお便りかな? ラヂオネーム『サタデーナイト』さんから」
輝「『空気の読み方を教えてください』…」
霖「………」
輝「………」
霖「さて、いかがだったでしょうか、幻想ラヂオ第一回」
輝「あぇ、えっと、お楽しみいただけましたでしょうか?」
霖「最後にリクエスト曲をかけながら、お別れと致しましょう」
輝「えぇと、紅 美鈴さん…あ、下にラヂオネーム書いてありました。『薄給労働者』さんと、『紅白饅頭』さん他からのリクエストで」
霖「吉田拓朗で《ガンバラナイけどいいでしょう》です。それではまた次回」
輝「あったらだけどね~」









霖「…こんな感じでいいんだろうか?」
輝「さあ。でもま、なんとかなるわよ」


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 植木投げの法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。