植木投げの法
東方のssをやってます。霖之助中心です。リンクフリーでございます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小ネタ:妖精の物の数え方

 ふらりと小ネタを。
 考えるのに大した時間を使っていないのであしからず。

『小ネタ:妖精の物の数え方』





 1

「…チルノ、手伝ってもらうのはありがたいけど」
「なによ」
「君、数は数えられるかい?」
「それくらいできるよ!」
「じゃあ、計算は」
「できるよ!」
「言い終わる前から…」
「…信じてないの?」
「残念ながらね」
「じゃあためしてみなさいよ!」
「なんでそんな攻撃的な…、まぁいいか。じゃあ最初は簡単な足し算で、8+9は?」
「え…………」
「…………」
「……『はち』ってなに?」
「…君に期待した僕が馬鹿だったよ」




 2

「リベンジよ、霖之助!」
「なんの」
「足し算の!」
「…ああ」
「おもいだした?」
「ぜんぜん」
「ぎいいいいいい!」
「そんな虫みたいな声出さなくても…」
「だって覚えてないんだもん!」
「はいはい、悪かった悪かった。覚えてるよ。で、なんなんだい?」
「足し算マスターした!」
「…へぇ?」
「今ならどんなもんだいでも解ける!」
「そうかい」
「気がする!」
「…そうかい。じゃあ、67+76は?」
「ふふん」
「…?」
「いっぱいよ!」
「そう来ると思ったよ!」






結局手伝うことになった。

「えと、ロウソクが、いち、に…いっぱい、しかない?」
「どっちなんだ」
「霖之助、あんまりムダ使いできないよ」
「そんなに無いのか。あとどれ位だい?」
「えっと、たくさん、あったけど…」
「なら別に気をつけることも無いんじゃないのかな」
「違うよ、もうたくさんしか…」
「いや、たくさんあるなら良いんじゃないのかって」
「違うの、いっぱいしか、…う、うわああああん!!」



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 植木投げの法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。