植木投げの法
東方のssをやってます。霖之助中心です。リンクフリーでございます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手まとめその十三

 と言うわけで、拍手まとめその十三です。
 被ってるかも知れませんので、もしそうだったらご連絡を。

 衣玖さんですが、個人的に慇懃無礼なくらいが丁度言いと思うんですが、どうでしょう?
 小町はもう、霖之助の嫁になれば良いと思います。
 むしろ推奨です。
 パチュリーはどれくらいの魔法を使えるのでしょう?
 空間圧縮とかはメタト□ンがあれば何とかなりそうですけど。
 …幻想入りしてなければいいですけど。



『緋色の雲のランブルフィッシュ』


「久しぶりですね、霖之助」
「…衣玖さん? どうし…ああ、そういえば、緋色の雲が浮いてたな」
「まぁ、今は仕事が無くて暇なのですが」
「あの様子じゃ、完成まで今一歩と言った所だしね」
「はい。何度か訪問者を迎えましたが、解決しようとはしておりませんでしたし」
「この分だと、僕は雨露を凌げなくなってしまうな」
「雲の中は意外と快適ですよ?」
「遠慮しておくよ、僕にはそこまで行く気力も行動力も無いからね」
「でしょうね。まったく、あなたは怠惰ですね」
「僕らしいと言ってくれ」
「まったく、仕様のありません」
「よく言われるよ」
「なので、誘拐しようかと思います」
「なに? うわ!?」
「簀巻きにしてしまえば、逃げられないでしょう」
「…そもそも、君が本気で追ってきたら逃げられないと思うが」
「気にしないでください。どうせ誰も来ないんですから」
「君がそれを言うか」




 魚が魚釣り。



―――――――――――――――――――――――――

『太公望はルアーを選ばず』


「なあ、霖之助」
「なにかな、小町」
「お前、魚釣る気あるか?」
「この僕を見て、何故それを訊くのかな」
「…そうだよな、針が縫い針のヤツに訊くのが間違いだよな」
「まったくだ」
「お前のその態度が分からんよ」
「そうか」
「……」
「………」
「で、なにしてるんだい?」
「釣りだけど」
「水面に針もつけないでよく言うよ」
「魚は釣らないからね」
「じゃあなんだ、太公望の真似事か?」
「いや、そうでもないよ」
「ますますわからん」
「簡単な事だよ」
「いや、だから」
「こんなに素敵な女性が隣にいるのに、魚の相手をしろと言うのかい?」
「…へ?」
「なんでもないよ」
「……いっちょまえに」
「顔の赤みを戻してから言おうか」





 肴。


―――――――――――――――――――――――――

『明日は槍が降る』


「…パチュリー?」
「ええ、そうよ」
「いやいや、そんな馬鹿な。ここは香霖堂だ、パチュリーは…」
「いるわ」
「いや、妙な幻覚だ。僕の頬を抓ってくるよこれ」
「…そんなに認めたく無いの?」
「君を知る者なら、百人が百人そう言う」
「まぁ、そうよね。でも一応、私はまだ図書館から出てないのよね」
「そうなのかい?」
「私のいるところが、私の図書館なの」
「なるほど、大した理屈だ」
「ええ、だからここは出張図書館に決めたわ」
「接続詞を間違えているような気がするんだが」
「そっちに行ったか」
「ああ、精一杯話題を反らさないと居座られてしまうからね」
「さあ、まずは大掃除よ。鬼と夜行生物を追い出さなくちゃ」
「君ほど大掃除が似合わない者もそうはいまい」
「冗談よ」
「だろうね」
「図書館と小悪魔は圧縮して持ってきたから、部屋を一つくれればいいわ」
「勘弁してくれ、本当に」




 図書館大移動。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 植木投げの法 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。